上田 文香

 

先輩社員インタビュー
上田 文香

 


上田 文香
埼玉スウィンスイミングスクール
鷲宮 所属
平成22年入社
東京リゾート&スポーツ専門学校卒

スイミングコーチになりたいと思ったきっかけは?

私は保育園から高3まで水泳を続けてきました。その中でやはり自分は水泳が好きで、これからは水泳の楽しさを伝える側になりたいと思いました。私も選手をやっていましたので、初めから選手コースをやりたいと希望しました。高校時代の監督は選手の気持ちを察することができ、雰囲気作りがうまい監督でした。私も監督のようになりたいと思っています。

入社してみてどうでしたか?

1歳から70歳までの本当に幅広い年齢の方に対して指導することの難しさを痛感しました。職場の印象としては、ONとOFFがはっきりしているなと感じました。職員同士で楽しく話したりと、楽しむときは楽しみますが、やるときはやる。仕事に対してすごく真剣だと感じました。

一日のスケジュールを教えてください。

出勤したらまず一日の準備をします。午前中はレディースの授業や幼稚園の指導に入ります。お昼ごはんを食べ、午後はラップタイムの整理や指導メニュー、館内の飾りつけなどのデスクワークをしてからジュニアコースの授業に入ります。ジュニアが終わると選手コース。選手コースは楽しいですが、難しいです。私は今小5、小6のクラスを9月から見させてもらっていますが、選手の気持ちを理解しながら雰囲気を盛り上げたり、やるべき時にはしっかりやらせられるようになりたいと思っています。

仕事で楽しかった事・やりがい、辛かった事は?

子ども達と楽しく遊んだり、大人の会員さんといろいろな話ができるのはとても楽しいです。子どもの成長していく姿を近くで見て感じることができるのはとてもやりがいを感じます。辛かったことは、水泳に対する知識の浅さや、自分の気持ちを言葉にして伝えることの難しさを感じます。ただ、先輩にもよくしてもらい、選手への泳ぎの教え方など丁寧に教えていただいているので感謝しています。

これからの目標について教えてください

大人の授業、ジュニアの授業ともに毎回の授業で一人一人との時間を大切にしながら指導を行えるようになりたいと思います。あとは選手担当として、たくさんの選手を全国の舞台に連れていってあげたいです。そのために泳ぎの勉強を積極的にして、もっと深く水泳を知りたいです。
あとは、いつでも元気でいること!元気なのが私のとりえなので、皆を元気にしてあげたいです。

最後に就職活動中の学生に一言

自分の好きなこと、やってみたかったことが自分の仕事になるのはすごく素敵なことだと思います。
まだ自分のやりたいことが見つからない人もいるかと思いますが、いろいろな人にアドバイスをもらったり自分から色々行動して、自分が輝ける仕事を見つけられるように頑張ってください。

更新日:

執筆者:鈴木

Copyright© 株式会社埼北スイミングスクール , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.