岡田 麻美

 

先輩社員インタビュー
岡田 麻美

 


岡田 麻美
埼玉スウィンスイミングスクール浦和 所属
平成20年入社
日本女子体育大学卒

スイミングコーチになりたいと思ったきっかけは?

子供が好きで、子供にスポーツを教える仕事につきたかったのがきっかけです。 大学ではラクロスをやっており、水泳を専門にやってこなかったので、この仕事をやると、自分も成長できるのではないかと思いました。 正直、水泳経験が少なく入社の前はすごく不安でした。しかし、入社したばかりは水なれのクラスに入ることが多く、指導というより子どもと遊ぶという感じでしたし、先輩に丁寧に教えてもらえたので段々と不安は取り除けました。

一日のスケジュールを教えてください。

朝出勤したら、館内の掃除をします。午前中にレディースがある場合は、プールに入りますが、基本的にジュニアの指導は3時半からなので午後3時間プールに毎日入ります。それ以外の時間は事務作業をします。 曜日ごとに出勤する時間が違く、午後出勤の時もあるので自分の時間が作りやすいです。

入社してみてどうでしたか?

仕事はプールに入って指導するだけではないという事をまず思いました。 ポスターを作成したり、壁画を作ったり事務作業もするんだと最初びっくりしたのを覚えています。浦和校の雰囲気は、元気でハキハキとした職員が多く、明るく活気ある職場です。常に笑いが絶えません。

仕事で楽しかった事や辛かった事はありますか?

子供達はプールに来るたび、日々成長するので毎日とてもやりがいを感じています。できなかった事ができるようになった時、子供が喜ぶのはもちろんですが、自分自身も自分の事のように嬉しいし喜びを感じます。この時が一番この仕事についてよかったなと思います。辛かった事は、今までプールに毎日入る習慣がなかったので、入社したての頃は一日が終わるととても疲れを感じましたが、今ではすっかり慣れました。

これからの目標について教えてください

自分の指導力を向上させる事。 通っていただいている会員さんの素敵な笑顔が毎回見れるような授業をしていく事です。自分自身でも楽しい、充実していると思えるように毎日大切に過ごしていきたいです。

最後に就職活動中の学生に一言

この仕事は水泳経験がなくても、子供が好き、元気な人であれば楽しく仕事ができます。子供の成長、子供の持っている可能性を引き出してあげる仕事であり、とてもやりがいがありますし、自分も成長できる会社です。

更新日:

執筆者:鈴木

Copyright© 株式会社埼北スイミングスクール , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.